実行したジョブのユーザアカウントの確認

    ジョブ実行ユーザ切替え機能を使用した場合、実際に実行されたジョブがどのジョブ実行ユーザIDで実行されたかは、実行ログで確認することが出来ます。実行ログは、以下のいずれかの方法で確認することが出来ます。
     
    ・ [ネットワーク監視詳細]ダイアログの[ジョブ監視詳細]タブで確認する
    ・  log0ユーティリティで確認する
    ・ [モニタ詳細]ダイアログのネットワークログ一覧で確認する
    ・  dlコマンドで確認する
     

    1.[ネットワーク監視詳細]ダイアログの[ジョブ監視詳細]タブで確認する
    [ジョブ監視詳細]タブでは、実際に実行したジョブの“ジョブ実行ユーザID”、“ログオンユーザID”、“ドメイン”を確認することが出来ます。
    ネットワーク監視詳細画面

     
     
     

    2.log0ユーティリティで確認する
    log0ユーティリティでは、実行したジョブの“ジョブ実行ユーザID”のみ出力します。

     
    出力例:
    実行したジョブのユーザアカウントの確認について2

    log0ユーティリティの使用方法詳細は、log0ユーティリティを参照してください。

     
     

    3.モニタ詳細]ダイアログのネットワークログ一覧で確認する
    [モニタ詳細]ダイアログの[ネットワークログ一覧]を実行することで、Webクライアントからlog0ユーティリティと同じ情報を参照することができます。
     
    モニタ詳細画面は、[メイン]画面 右下の[システム管理]内の[モニタ監視]のリンクをクリックすることで表示します。 

  1. 実行したジョブのユーザアカウントの確認について3
  2.  

  3. 出力例:
    ネットワークログ一覧2-1
  4.   
     
     

    4.dlコマンドで確認する
    dlコマンドでは、直近20件のジョブ実行ログを表示することができます。
    また、実行したジョブの“ジョブ実行ユーザID”のみ出力します

  5.  
    cip dl
  6. dlコマンドに関しては、dlコマンドを参照してください。

     

  7. 出力例:
    cipdl
▲上へ戻る