実行するジョブに ユーザアカウント情報を設定する

    ジョブ実行ユーザ切り替え機能を使用して、実行するジョブのユーザアカウントを指定する場合、ネットワークマスタに実行するユーザアカウント情報を識別する“ジョブ実行ユーザID”(間接名)を指定します。
     
    ネットワーク内のすべてのジョブに同一アカウントを使用する場合は、[ネットワーク属性1]タブで指定します。
    画面サンプルは、こちらを参照してください。
     
    ジョブ毎に異なるアカウントを使用する場合は、[ジョブ]タブから個々のジョブ毎に指定します。
    画面サンプルは、こちらを参照してください。
     
    【ジョブ実行ユーザIDの参照優先順位】
    ジョブ実行ユーザIDの参照優先順位は、以下のとおりです。

  1.  
    “ジョブに設定されたジョブ実行ユーザID” ⇒ ”ネットワークに設定されたジョブ実行ユーザID”  
▲上へ戻る