Webサーバで使用するport番号を変更する

    Webサーバで使用するport番号は、”[インストール先]\A-AUTO_WebServer\conf\server.xml”で設定しています。
    ※ デフォルトインストールした場合のパスは”C:\BSP\A-AUTO_WebServer\conf”となります
     
    port番号は、server.xml ファイル内の15行目『port=”port番号”』で指定しているので、この番号を変更しA-AUTO Webサーバを再起動していただくことで変更可能です。
     
    【PORT Noに80を指定した場合の指定例】

    <Service name=”Catalina”>
    <Connector port=”80″ protocol=”HTTP/1.1″ redirectPort=”443″ connectionTimeout=”20000″ />

     
    なお、port番号を変更した際には、インストールマシン以外のコンピュータからWebクライアントを利用できるよう、必要に応じてポートの解放設定を行ってください。ポートの解放に関しては、ポートの開放設定を参照してください。
     
    【注意事項】
    システムで利用するファイルであるため、お客様自身で変更を行われる際には、必ずファイルのバックアップを取得し、問題が発生した際に復元できる状態にしたうえで行って下さい。

▲上へ戻る