各種ログファイル

    各種サービスなどが出力するログファイルについて記載します。
     
    A-AUTO Freeサービス(A-AUTOモニタ)
    【ログ出力先】 [インストールディレクトリ]\AUW\LOG
    【出力ファイル】 autotrace.logX autotrace.logY

    ※ ログファイルは、autotrace.logX autotrace.logYでローテートします

     
    A-AUTO Ap Server(APサーバ)
    【ログ出力先】 [インストールディレクトリ]\COMMON\LOG
    【出力ファイル】 autosvc.log62

    ※ ログファイルは、世代管理を行い、古いログファイルには、ファイル名のサフィックスに“_1”~”_9”を付加する。
    ex : autosvc.log62_1

     
    A-AUTO Agent(A-AUTOエージェント)
    【ログ出力先】 [インストールディレクトリ]\COMMON\LOG
    【出力ファイル】 autosvc.log63

    ※ ログファイルは、世代管理を行い、古いログファイルには、ファイル名のサフィックスに“_1”~”_9”を付加する。
    ex : autosvc.log63_1

     
    各種ユーティリティ
    【ログ出力先】 [インストールディレクトリ]\AUW\LOG
    【出力ファイル】 auto.log1、auto.log2

    ※ ログファイルは、auto.log1、auto.log2でローテートします

     
    A-AUTO Web Server(A-AUTO Webサーバ)
    【ログ出力先】 [インストールディレクトリ]\A-AUTO_WebServer\webapps\a-auto\logs
    【出力ファイル】 serversvc_yyyymmdd.log、app.log(app.log1)

    ※ app.logログファイルは、app.log1との2世代管理です

     
    A-AUTO Event Server(A-AUTO Eventサーバ)
    【ログ出力先】 [インストールディレクトリ]\A-AUTO_EventServer\log
    【出力ファイル】 serversvc_yyyymmdd.log、ARWCHSRV.log、ARMSTMNT.log

    ※ ARWCHSRV.log、ARMSTMNT.logは、1ファイル10Mの2世代管理で、古いファイルをARWCHSRV.bk、ARMSTMNT.bkとします

     
    A-AUTO Event Agent(A-AUTO Eventエージェント)
    【ログ出力先】 [インストールディレクトリ]\A-AUTO_Event\log
    【出力ファイル】 serversvc_yyyymmdd.log、ARACTEXC.log、AREVTRES.log、LOGFILEWCH.log

    ※ ARACTEXC.log、AREVTRES.log、LOGFILEWCH.logは、1ファイル10Mの2世代管理で、古いファイルをARWCHSRV.bk、ARMSTMNT.bk、LOGFILEWCH..bkとします

▲上へ戻る