6. ネットワークスケジュール

ネットワークの起動条件、実行条件、構成ジョブを定義したネットワークマスタ(ネットワークID)と、スケジュールパターンを定義したスケジュールマスタ(スケジュールID)を関連づけ、ネットワークID毎のスケジュール情報を作成します。
この関連付けによって作成するスケジュール情報を、ネットワークスケジュールと言います。
1つのネットワークIDに関連づけるスケジュールIDは複数指定することが出来ます。

relation

ネットワークスケジュールは[マスタ管理]ウィンドウのメニュー[ネットワークスケジュール]をクリックして、[ネットワークスケジュール]画面を表示して作成します。
[ネットワークスケジュール]画面は、ネットワークスケジュールの“割り当て済み一覧”と“未割り当て一覧”の2種類あるので、右上の[表示切替]アイコンで切替えます。
下のサンプル画面は、“割り当て済み一覧”となっているので、[表示切替]アイコンをクリックし、“未割り当て一覧”を表示します。

no-associated-list

次に“未割り当て一覧”でネットワークスケジュールを作成するネットワークIDのリンクをクリックし、[ネットワークスケジュール-編集]画面を表示します。

edit-network-schedules

[ネットワークスケジュール-編集]画面、ネットワークIDに関連付けるスケジュールIDを[未選択スケジュールID]一覧から[選択済みスケジュールID]一覧へ移動します。

なお、[ネットワークスケジュール-編集]画面の右側[スケジュールシミュレーション]に選択したスケジュールIDによっていつスケジュールされるかを事前に確認することが出来ます。
よろしければ、[適用]ボタンをクリックし、ネットワークスケジュールを作成します。

edit-network-schedule-window

スケジュールIDを割り当てたネットワークスケジュールは、“割り当て済み一覧”に表示されます。

associated-schedules

なお、ネットワークスケジュールでは、作成した年月から1年分のスケジュール情報を自動で作成します。
また、以降は、自動スケジュールを実行することで最新の1年分を更新しています。

【注意】
一度作成したネットワークスケジュールは、[ネットワークスケジュール-編集]画面で再作成し直すことができます。ただし、[ネットワークスケジュール-編集]画面で[適用]ボタンを押すとその時点までにスケジュール調整した結果は、すべてリセットされます。

▲上へ戻る