不定期に実行するネットワークを登録するには

    業務の中には、週次や月次など定期的なサイクルではなく、他の業務の状況によって直前で決定することがあります。
    このような業務のうち、前日までに処理日が決まるようなネットワークを不定期ネットワークと呼びます。
    不定期ネットワークは、ネットワークスケジュール作成時に「不定期」として登録します。
     
    ネットワークスケジュールを不定期で作成しておくことによって、処理日が決まった時点でスケジュール調整機能を使用して、処理日を追加することが出来ます。
    但し、処理日が当日にならないと分からないような業務の場合は、既にキューイングが済んでしまっているため、スタートコマンドでキューイングする必要があります。
     
    ここでは、日次や週次・月次といった定期的なサイクルで実行できない、不定期ネットワークのネットワークスケジュール登録について説明します。
     
    ① 通常のネットワークと同じように、[ネットワークスケジュール]ダイアログを表示してください。
    ② 不定期ネットワークとして登録するには、[ネットワークスケジュール]ダイアログで

    ・ ネットワークにスケジュールIDの関連付けを行いません」

    ・ 代わりに[不定期ネットワーク]チェックボックスをチェックします。

    不定期

    ③ [適用]ボタンをクリックし、ネットワークスケジュールを保存します。
     
    これで、[ネットワークスケジュール]画面からスケジュール調整が行えるようになります。
    ※ スケジュールの追加オペレーションは、『スケジュールの追加・削除』を参照してください。

▲上へ戻る