1.時間間隔起動の概要

 ジョブを一定間隔で繰り返し実行したいという要件がよくあります。
 このように、一定間隔でジョブ(ネットワーク)を実行させることをA-AUTOでは”時間間隔起動”と呼びます。
 ここでは、A-AUTOでジョブを繰り返し実行させるためのマスタの登録について記載します。

 例えば

● 転送されてくるデータを定期的にチェックし、新たなデータが存在していれば処理したい
● ログなど各種データを収集するジョブを定期定期に実行したい

 など、定期的に同じジョブを何度も実行させたいと言うシーンで利用します。

繰り返し実行イメージ1

A-AUTO 50で”時間間隔起動” ジョブ(ネットワーク)を登録するためには、以下を決めていただく必要があります。

 ■ 時間間隔起動開始時刻
 ■ 時間間隔起動インターバル
 ■ 時間間隔起動終了時刻

時間間隔起動開始時刻
繰り返し実行するネットワークの繰り返し実行を開始する起点となる時刻です。
A-AUTOの”スタート時刻”に指定します。
時間間隔起動インターバル
繰り返し実行する間隔です。(単位:分)
時間間隔起動終了時刻
繰り返し実行を終了する時刻です。
00:01~47:59の間の時刻が指定できます。
時間間隔起動開始時刻に指定した時刻よりも後の時刻を指定します

上記3つの条件により以下のようなイメージでネットワークが繰り返し実行されることとなります。

繰り返し実行イメージ2

 

▲上へ戻る