監視ウィンドウに表示するスケジュール日を変更する

    業務監視ウィンドウでは、表示するスケジュール日を指定します。Webクライアントから監視ウィンドウを表示したときのデフォルト(※1)はCPU日付をスケジュール日として表示します。
    監視するスケジュール日が変わった場合など、表示するスケジュール日の切替えは、手動で実施していただく必要があります。
     
    以下の手順で表示するスケジュール日を変更してください。
    ① [業務監視]ウィンドウ右上の[ネットワーク監視メニュー]アイコンをクリックし、「ネットワーク監視メニュー」を表示します。
    ② [ネットワーク監視メニュー]で表示したいスケジュール日を指定し、[表示]ボタンをクリックします。
     
    ※1 初期表示する日付には、CPU日付と運用日(運用日付)とが選べます。設定の変更は[監視設定]ダイアログを表示して行います。
     
    【表示設定期間】
    「チャート」は、単一スケジュール日のみの表示できます。
    「一覧」は、期間指定で表示することが出来ます。
    このため、[メニュー]-[一覧]をクリックし、「ネットワーク監視一覧」を表示し、期間指定して表示するとファイル転送済みのデータを確認するのに便利です。
     
     
    【参考】
    日付を変更してもデータが表示されない場合、監視データがファイル転送されていないか、監視条件に一致するデータが存在していないことが考えられます。
    「ファイル転送」については『監視情報をファイル転送する』を参照してください。
    「監視条件」については『監視設定』を参照してください。

▲上へ戻る