6.スケジュール日とネットワークの実行制御の関係について

    以下のような先行関係を持つネットワークを登録したときのスケジュール日と実行制御について説明します。
     
    実行制御の関係1
     
    実行制御の関係2

 

  • 5月11日のANET01は、過去スケジュール日で同一ネットワークID ANET01が正常終了しているので実行できる

  • 5月11日のANET02は、同一スケジュール日の先行ネットワークANET01が正常終了しているが、過去スケジュール日で同一ネットワークID ANET02が正常終了していないため実行できない

  • 5月11日のANET03は、同一スケジュール日の先行ネットワークANET02が正常終了してない、また、過去スケジュール日で同一ネットワークID ANET03も正常終了していないため実行できない

  •  
    このように、A-AUTOでは、自身の過去スケジュール日が正常終了していないと実行しません。
    これは、業務の実行では、古いスケジュール日の業務から確実に処理を行っていくことが重要と考えるためです。
    前日分以前のし残しが残っているときに、当日分の処理を動かすためには、先ず前日分を動かす、または前日分の実行を取りやめて正常終了扱いとする必要があります。

    ▲上へ戻る