ネットワークが実行される条件

ネットワークが実行されるためには、起動条件と実行条件がクリアされる必要があります。
先ずは、起動条件がクリアされているネットワークが存在するかチェックし、次に実行条件がクリアされているかをチェックします。
共に条件がクリアされていてれば、ネットワークが実行されます。
 
  
【前提】
● ネットワークキューがホールドされていないこと
 
【起動条件】
起動条件には以下のものがあります。
● 先行ネットワーク : 先行ネットワークがすべて正常終了していること
● 過去スケジュール日の同一ネットワーク : 同一ネットワークIDが過去スケジュール日にし残しが無いこと
  過去のスケジュール日で実行待ち、実行中、異常終了していないこと
● ホールド属性 : ホールドが解除(リリース)されていること
● スタート時刻 : 指定したスタート時刻を経過していること
● データ待ち属性 : データ待ち属性が解除されていること
● 後続起動待ち :後続起動待ちが解除されていること
 
【実行条件】
起動条件が解除され実行可能なネットワークが実際に実行されるためには、以下の条件が満たされる必要があります。
● 空き区画 : ネットワークに指定されたクラスと同一のクラスを持つNP区画が存在し、区画に空きがあること
● プライオリティ : プライオリティの高い他の実行可能なネットワークが存在しないこと
● 排他リソース : 排他リソースを指定されている場合、指定されているリソースIDならびにリソース数に空きがあり確保できること

▲上へ戻る