1. 概要

ジョブ分岐は、先行ジョブの終了コードや終了状態によって、次に実行するジョブを変更する機能です。
ジョブ分岐には、以下の2 種類があります。

終了状態による分岐
先行のジョブの終了状態(正常終了、異常終了)によって後続のジョブを分岐します。
リターンコードによる分岐
先行ジョブが正常終了したときに、そのリターンコードによって後続のジョブを分岐します。
▲上へ戻る