5.5. イベント連携機能確認用マスタの登録

ここでは、イベント連携機能の確認を行うためのワークマスタを登録します。
※ ワークマスタとは、検知したいイベントと、イベントを検知したときに実行するアクションを登録するマスタです。

  1. なお、登録するワークマスタの概要は以下のとおりです。
    検知イベント  : リモートライセンス環境で作成・更新されるファイル
    実行アクション : 上記イベントを検知時にネットワーク”BSPRNET1”をA-AUTOモニタのスタートコマンドでキューイングする
  1. [マスタ管理]画面の「メニュー」から[ワーク]をクリックし、[ワーク定義一覧]画面を表示します。
    次に、表示された[ワーク定義一覧]画面の[新規作成]ボタンをクリックします。
    ⇒ [ワーク-新規作成]ダイアログが表示されます。
    5.5.1_Work_List
  2. [ワーク-新規作成]ダイアログの[ワークID]に“BSPRWORK”と入力します。
    5.5.2_Work_Regist_Dialog
  3. [イベント]タブをクリックし、イベント登録用の画面に切り替え、[イベント]タブの[新規作成]ボタンをクリックします。
    ⇒ [ワーク定義-イベント新規作成]ダイアログが表示されます
    5.5.3_Work_Ivent
  4. [ワーク定義-イベント新規作成]ダイアログで以下を指定し、[適用]ボタンをクリックします。
     [イベント種別]に”ファイルイベント”
     [イベント発生コンピュータ名(N)]に“リモート環境のコンピュータ名”
     [ファイル名]に“[インストール先パス] A-AUTO_Event\log\BSPRTEST.txt”
    5.5.4_Work_Ivent_Regist
  5. [適用]ボタンクリック後、一覧に登録したイベントが表示されることを確認して下さい。
    5.5.5_Work_Ivent_List
  6. 確認が出来たら、次に[アクション]タブをクリックします。
    5.5.5_Work_Action_Tab
  7. 表示されたアクション登録用画面の[新規作成]ボタンをクリックます。
    ⇒ [ワーク定義-アクション新規作成]ダイアログが表示されます。
    5.5.6_Work_Action
  8. 表示された[ワーク定義-アクション新規作成]ダイアログでは、イベントの発生を検知した際に自動実行するアクションを以下のとおり指定し、[適用]ボタンをクリックします。
     [アクション種別]に“スタートコマンド”
     [アクション発生コンピュータ名]に”基本ライセンス導入環境のマシン名”
     [ネットワーク名(A)]に“BSPRNET1”
    5.5.7_Work_Action_Regist
  9. [適用]ボタンクリック後、一覧に登録したアクションが表示されることを確認して下さい。
    確認が出来たら、[適用]ボタンをクリックして、ワークマスタの登録(保存)を行ってください。
    5.5.8_Work_Regist
  10. ワークの登録完了後、[ワーク定義一覧]画面に先程登録した“BSPRWORK”が表示されることを確認して下さい。
    5.5.9_Work_List_After_Regist
▲上へ戻る