3.インストール

    リモートライセンスをインストールするコンピュータで、ダウンロードしたリモートライセンスWindows版インストーラを解凍します。解凍後のディレクトリには以下のファイルが展開されます。

    setup.exeを右クリックして、「管理者として実行」によりインストーラを起動します。
    ※必ず管理者権限で実行してください
    3_Boot_RemoteInstaller

    インストーラでは以下の確認を行います。

  1. 使用許諾への同意
    3.1_LisenceAgreement
  2. インストール先ディレクトリの選択
    3.2_Select_InstallDirectry
    デフォルトは、“C:BSP”です。

    1. 注1 : インストーラでは、インストール先ディレクトリに指定したディレクトリ直下に2つのディレクトリを作成するので、必ず複数のディレクトリを包括する上位ディレクトリまでを指定してください。
      ※上記例ではBSPが上位ディレクトリに相当します
    2. 注2:全角文字などマルチバイト文字を使用しているディレクトリをインストール先に指定しないでください。
  3. TCP/IPポート番号の設定
    3.3_Set_PortNum
    インストール前準備の「2.3リモートライセンスが使用するポート番号」で決定したポート番号を指定してください。
    デフォルトのポート番号を使用する場合は、そのまま[次へ]をクリックしてください。
    付録 環境確認結果記録シート」を使用されている場合は、リモートライセンスの③、④に控えたポート番号を指定します。
  4. A-AUTO 50基本ライセンス環境情報の入力
    インストール前準備の「2.5基本ライセンス環境情報の確認」で確認した基本ライセンスをインストールしているコンピュータのホスト名(コンピュータ名)とIPアドレスを指定して、[次へ]をクリックしてください。
    Set_MonitorParam

    1. ホスト名は、最大15バイトとなっています。ホスト名(コンピュータ名)が16バイト以上の場合は先頭15バイトを入力してください。

    付録 環境確認結果記録シート」を使用されている場合は、基本ライセンスの⑥、⑦に控えたコンピュータ名とIPアドレスを指定します。

  5. インストール情報の確認
    [ファイルコピーの開始]画面で、インストール設定内容を確認し、よろしければインストールを開始しますので、[次へ]ボタンをクリックしてください。
    ConfirmFileCopy

    インストール開始後、以下のメッセージボックスが1回表示されます。
    そのまま[OK]ボタンを押してインストーラを進めてください。
    3.5_SuccessfulInstall

    以下の画面が表示されインストールは完了します。
    3_Close_InstallShield

▲上へ戻る