2.6.システムクオリファイア名の決定

リモートライセンスでジョブ起動するにあたり、ネットワークマスタ登録時にジョブを実行するコンピュータを“システムクオリファイア”という間接名を使用して指定します。
このシステムクオリファイア名を事前に決定してください。

  1. システムクオリファイア名は、お客様自身がコンピュータを識別できる名前を割り当てていただければ結構です。
  2. システムクオリファイアに使用できる名前は、8桁以内の大文字英数字です。
  1. 【チェック】決定したシステムクオリファイア名は、「付録 環境確認結果記録シート」のリモートライセンス⑤に記載しておくと、実際の作業時に整理できます。
▲上へ戻る