4.1. リモートライセンス環境のポート開放設定

※ 本作業は、リモートライセンスをインストールしたコンピュータで作業します

基本ライセンスとリモートライセンス間は、TCP/IP接続します。このため、双方のコンピュータ間の接続が行えるようにするため、リモートライセンスが使用する2つの受信用ポートを開放する必要があります。

ポート開放設定は、以下の手順で行います。

  1. iptablesの設定ファイルを編集し、受信許可ルールを追加します。(root権限が必要です

    【コマンド】
    # vi /etc/sysconfig/iptables
    
    【設定ファイル編集例】
    # Firewall configuration written by system-config-firewall
    # Manual customization of this file is not recommended.
    *filter
    :INPUT ACCEPT [0:0]
    :FORWARD ACCEPT [0:0]
    :OUTPUT ACCEPT [0:0]
    -A INPUT -m state --state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT
    -A INPUT -p icmp -j ACCEPT
    -A INPUT -i lo -j ACCEPT
    -A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 22 -j ACCEPT
    -A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 9001 -j ACCEPT
    -A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 3085 -j ACCEPT
    -A INPUT -j REJECT --reject-with icmp-host-prohibited
    -A FORWARD -j REJECT --reject-with icmp-host-prohibited
    COMMIT
    

    付録 環境確認結果記録シート」を使用されている場合は、リモートライセンスの③、④に控えたポート番号を指定します。

  2. iptablesを再起動します。(root権限が必要です

    # /etc/init.d/iptables restart
    

    なお、本手順を実施後に、既に起動しているプロセスの再起動を行う必要はありません。

▲上へ戻る