6.3.ファイルイベントのマスタ登録

    ファイルイベント(イベント連携機能)を利用するために、ワークマスタの登録を行います。
    以下に、マスタの登録手順を説明します。
     
    1.[ワーク-新規作成]ダイアログを表示する

  1. [マスタ管理]ウィンドウのメニューから[ワーク]をクリックし、[ワーク定義一覧]を表示します。
    次に、[新規作成]ボタンをクリックし、[ワーク-新規作成]ダイアログを表示します。
    FileEvent_arrow_blue1
      
  2. 2.ワークIDを指定する

  3. [ワーク-新規作成]ダイアログでは、初めに、[基本設定]タブで、登録する“ワークID”を入力します。
    また、コメント欄には、ワークIDに対応した管理し易い名前を入力してください。
    ここでは例として、ワークIDに「FILE01」、コメントに「ファイルイベント検知用1」と入力します。
    work_file_evnt  

    ※ 基本設定タブの各項目の説明は、3.ワークマスタの登録(基本設定タブ、イベントタブ、アクションタブの説明)にて記載していますので、そちらをご参照ください。

     

  4. 3.イベントの新規作成ダイアログの表示

  5. 次に、実際のファイルイベントに関する設定を行っていきます。先ずは、[イベント]タブを表示して、[新規作成]ボタンをクリックします。
    FileEvent_arrow_blue2
      
  6. 4.イベントの新規登録

  7. [ワーク定義-イベント新規作成]ダイアログが表示されるので、ここで監視するファイルの情報を指定します。
    work_event_add_2
     
    ファイルイベントで指定する項目は以下の3つです
     
    イベント種別(必須)
    • ファイルイベントを選択します。

     
    イベント発生コンピュータ名(必須)

    • 後述の「ファイル名」に指定するファイルが生成・更新されるコンピュータ名(※1)を選択します。
       

      ※1 指定したコンピュータで稼働する A-AUTO/Eventエージェント・サービス、EVOFILEサービスが
      ファイルの生成・更新を監視することになります。

       

    ファイル名(必須)

    • ファイルの生成・更新を監視したいファイル名をフルパスで指定します。
       

      ※  ファイルのフルパスは、「イベント発生コンピュータ名」で選択したコンピュータで稼働する
      EVOFILEサービスが参照できるパスである必要があります。

      ※  指定するファイルが生成・更新されるディレクトリが、「イベント発生コンピュータ名」で選択した環境のEVOFILEパラメータファイルに設定されている必要があります
      詳しくは、EVOFILEパラメータを参照してください。

       

    その他補足事項

    • イベントIDは、基本設定タブで指定したワークIDに「00」から始まるユニークな番号を自動で割り当てます。
       
      必要な項目を設定したら、[適用]ボタンをクリックしてイベント登録内容を保存します。

     

  8.  
    5.ワークマスタを保存する

  9. イベントタブに、登録したイベントが表示され、正しく登録されていることが確認出来ます。
    ※ この状態ではまだワークマスタの保存を行っていないため、一時保存されている状態です。
    work_file_event_after
     
    通常、ワークマスタの登録では、イベントを検知した際に実行するアクションを定義しますが、アクションの登録については、別途アクション毎に説明するため、ここではアクションの登録は省略します。
     
    [ワーク-新規作成]ダイアログの[適用]ボタンをクリックして、ワークマスタを保存します。
     
    保存に成功すると、[ワーク定義一覧]に登録したワークが表示されます。
    また、この時点で、業務監視ウィンドウの[ワーク監視一覧]に登録したワークが表示されるようになります。
    下の画面例は、ワーク登録後に[ワーク監視一覧]で登録されたワークを表示した画面サンプルとなります。
    work_add_check
     
    ここまでが、ファイルイベントを監視する基本的な流れとなります。
     
     
    =============================================
     
      
    なお、イベント連携機能の基本的な考え方に記載したように、一つのワークが複数のイベントを待ってアクションを実行させることもできます。
    ファイルイベントの登録例では、複数のイベントを待つ登録の流れも示しておきます。
     
    以下のようなファイルイベントを待つワークを登録する例とします。

    ワークID : FILE01
     イベント1
      イベント発生コンピュータ名 : WIN2008R2SP1
      監視するファイル : C:FTPFileEvent02.txt
     イベント2
      イベント発生コンピュータ名 : WIN2008R2SP1
      監視するファイル : C:BSPA-AUTO_EventFileEvent01.txt

     

    上記、イベント1は、前述の基本的な流れで説明したので、2つ目のイベントの登録を記載します。
    一つ目のイベント登録後、[ワーク-新規作成]ダイアログ内の[イベント]タブにある[新規作成]ボタンを再度クリックし、[ワーク定義-イベント新規作成]ダイアログを表示します。
    work_file_event-2
     
    一つ目と同じように、「イベント種別」、「イベント発生コンピュータ名」、「ファイル名」を指定し、[適用]ボタンをクリックし、イベントを保存します。
     
    保存に成功すると、[イベント]タブの一覧に登録したイベントが追加表示されます。
    work_file_event_double
     
    後は、[ワーク-新規作成]ダイアログの[適用]ボタンをクリックし、ワークとして保存します。

  10. ▲上へ戻る