4.ワーク・イベントの監視

ここでは、マスタ登録したイベントの監視について記載します。
業務監視ウィンドウでのワーク表示を表示してワーク、イベントの発生状況を確認することが出来ます。
 

  1. 1.業務監視ウィンドウでマスタ登録を行った監視対象にあるワーク一覧を表示します。
    A-AUTO Webクライアントのメインウィンドウから、既に作成している業務監視ウィンドウをクリックする。若しくは、[新規作成]ボタンをクリックして業務監視ウィンドウを開きます。
    work_evnt_main
    業務監視ウィンドウの新規作成手順については、「監視設定を作成する」を参照してください。
  2.  
     

  3. 2.[業務監視]ウィンドウ左側のニューから、[ワーク監視]の[ワーク]を選択してください。
    work_kansi_menu 
  4.  
    3.ワークのステータスを確認する
    ワーク監視一覧にマスタ登録したワークが表示されます。
    work_kansi_teigi1
  5. 監視
    1. 表示するワークが監視対象にあるか否かを表示します

    2.  
      有効 : 監視中のワーク
      無効 : 監視対象外のワーク
  6. 完了回数
    1. ワークが待っているイベントが何回完了(発生)したかを表示します。
      ワークに含まれるイベントすべてが発生した段階で、完了回数を1インクリメントします。

      [注意事項]
      完了回数はサーバの停止や監視の有効/無効の切り替え、ワークマスタの更新を行うと、0にリセットされます。
  7. イベント達成率
    1. ワークに登録されたイベントのうち、いくつのイベントが発生したかをグラフで表示します。
      達成率 = イベント発生を検知したイベント数÷ワークに登録されているイベント数
    2. すべてのイベント発生を検知すると「イベント達成率」は0%となり、完了回数が1インクリメントされます。このため、100%の状態を表示することはありません。
    3.  

  8. work_event_flow

    イベント発生と達成率、ワークの完了回数の関係

    イベント達成率の表示イメージは、下図を参照のこと。
  9.  
     

  10. 4.ワーク監視詳細を確認する
    前述のとおり、イベントの達成率ならびに完了回数は、ワーク監視一覧で確認することが出来ます。
    ワークの詳細を見るためには、[ワーク監視詳細]ダイアログを表示します。
    ※[ワーク監視詳細]ダイアログは、“ワーク監視一覧の“ワークIDのリンク”をクリックすることで表示します。

    work_sixyousai
    [実行情報タブ]

    • イベントID毎のイベントの発生・未発生を確認できます。
      イベントのステータスには以下のものがあります
    未発生 未発生 : このイベントはまだ発生していません
    申請中 申請中 : このイベントを監視するエージェントへ申請中です
    申請失敗 申請失敗 : このイベントを監視するコンピュータへの申請が失敗しました。
    このイベントを監視するイベントエージェントの状態を確認してください
    イベント正常終了 正常終了 : このイベントが発生しました
  • イベント連携機能が正常に監視出来ているときは、このタブでは、未発生か正常終了が表示されます。
  • すべてのイベントが発生するとイベントの発生情報は、[完了情報]タブに移動されます。このため、ワークに登録されているイベントが1つの場合、[実行情報]タブでは、ステータスが正常終了として表示されることはありません。
  • また、ワークに複数のイベントが登録されていて、すべてのイベントが発生するまでの間に、同一IDのイベントが複数回発生した場合は、発生した回数分イベントの行が追加されます。

 

    [完了情報タブ]
    • ワークの完了情報を確認することが出来ます。

    work_file_double_fin

  1. 完了情報に表示されるデータは、以下のようになります。
    また、[完了情報]タブでは、これまでに発生したイベントの履歴を確認することが出来ます。
    •  

      イベント正常終了 正常終了 : このワークが完了し、アクションを実行しました
      中止 中止 : このワークの監視を中止しました
      A-AUTO/Eventサーバの停止や監視の有効/無効の切り替え、ワークマスタの更新を行うと、中止の完了情報が追加されます。
▲上へ戻る