1. イベント連携機能の概要

ジョブの実行方法には、大きく『自動スケジュールによって処理日を決定し業務を自動実行する方法』と、『イベントドリブンな業務実行』があります。
前者は“自動スケジュール”を利用して、後者は“イベント連携機能”を使用して実現します。
ここでは、イベント連携機能について説明します。

イベント連携機能とは

『アプリケーションを実行するインプットとなるデータが作成されたらジョブを実行する』と言ったように、特定の“イベントが発生”したら、特定の“アクションを実行”するような動作を自動化する機能です。
例えば、下図のように「コンピュータ”FileServerA”のFTP_Dataディレクトリに、ファイルGyoumuX_InputData.csvが作成されたら、コンピュータ”bspSrv023“のGyoumuXscriptディレクトリにあるData_Process.batを実行する」といったことが自動化できます。

event-1

▲上へ戻る