VBScriptやPowerShellなどのスクリプトを実行するには

    A-AUTOでは、VBScriptやPowerShellなどのスクリプトは、バッチファイル内から呼び出して使用します。

    VBScriptをバッチファイルから呼び出す

    【32ビットOSの場合】

    C:\Windows\system32\cscript.exe C:\BSP\AUW\INSTALL\PRIMSCRIPT\BSP.vbs

     
    【64ビットOSの場合】

    C:\Windows\Sysnative\cscript.exe C:\BSP\AUW\INSTALL\PRIMSCRIPT\BSP.vbs

     
     

    PowerShellをバッチファイルから呼び出す

    【32ビットOSの場合】

    C:\Windows\system32\WindowsPowerShell\v1.0\powershell.exe C:\BSP\AUW\INSTALL\PRIMSCRIPT\BSP.ps1

     
    【64ビットOSの場合】

    C:\Windows\Sysnative\WindowsPowerShell\v1.0\powershell.exe C:\BSP\AUW\INSTALL\PRIMSCRIPT\BSP.ps1

     
     

    64ビットOSでの注意点

    A-AUTO モニタは32ビットアプリケーションです。上記呼び出し例で記載していますが、64ビットOSでバッチファイル内からcscript.exeやpowershell.exeを実行する場合、それぞれ32ビット版cscript.exeやpowershell.exeを実行してください。

    なお、OSによってパス中の“Sysnative”の部分が、“SysWOW64”など異なることもありますので、パスの名前を確認してください。
     

    PowerShell使用時の注意点

    A-AUTOからPowerShellを実行するためには、PowerShell Policyの実行ポリシーで「ローカルに保存されているスクリプトが実行可能」であるよう設定されている必要があります。
     
    実行ポリシー設定手順
    1.PowerShellの起動
    [スタートメニュー]-[すべてのプログラム]-[アクセサリ]-[Windows PowerShell]を開き、“Windows PowerShell”を管理者権限で起動します。
    ◆ 64ビットOSの場合は、Windows PowerShell (x86)を管理者権限で起動してください。
     
    なお、スタートメニューの表示は、OSによって若干異なります。
    ex [スタートメニュー]-[すべてのプログラム]-[Accessories]-[Windows PowerShell] など
     
    2.PowerShellの実行ポリシー設定の確認
    以下のコマンドを実行して、現在の実行ポリシー設定を確認します。
     Get-ExecutionPolicy
    実行ポリシーが、既に“RemoteSigned”となっていれば、設定変更の必要はありません。
     
    3.PowerShellの実行ポリシーを変更する
    以下のコマンドを実行し、実行ポリシーを変更します。
     Set-ExecutionPolicy RemoteSigned
     
    4.設定変更の確認
    再度、Get-ExecutionPolicy コマンドで実行ポリシーが“RemoteSigned”に変わっていることを確認してください。
     
     PS C:\Users\Administrator> Get-ExecutionPolicy
     RemoteSigned

▲上へ戻る