【活用事例】 JP1 SystemwalkerとA-AUTO 50の併用による安定運用の実現

~A-AUTO 50と有償ジョブ管理ツールとの併用による安定運用~

背景

既にジョブ管理ツールをご利用のお客様でよくある自動化の実状として、JP1やSystemwalker、WebSAM JobCenter、Senju Family、A-AUTOなどを使用してジョブ実行の自動化を行っているが、自動化が行えていない小規模なシステムも多々存在していませんか?

実際にこのような企業は沢山いらっしゃいます。
これは、小規模システムでは自動化対象となるジョブ数が少なく、ツール導入による費用対効果を出せないがために予算が付かないといったことに起因しています。

多くのお客様では、このようなシステムをcronやタスクスケジューラなどを利用して半自動化(※1)されているか、手動でジョブ実行されています。
※1 業務間の先行・後続関係付けが行えず、追い越しなどのリスクを抱えての運用であるため「半自動化」と記載
 

既存ジョブ管理ツールとA-AUTO 50との併用

A-AUTO 50は、もともと中小企業の方を中心に小規模システムを安定運用していただくため無償で提供させていただいています。しかしながら、前述したように大企業においても自動化ツールを導入できていないシステムは沢山存在しています。このようなシステムにおいても安定運用を実現していただくために『イニシャルコスト』『ランニングコスト』ゼロで利用いただけるようにしています。

既存のジョブ管理ツールとA-AUTO 50を併用することで、自動化による運用の最適化をより一層図っていただくことができるのです。

 

JP1 SystemWalker+A-AUTO 50
 

A-AUTOを併用するメリット

既存ジョブ管理ツールとA-AUTO併用することで、次のようなメリットを生み出すことができると考えます。

  • 複数システムを一括管理
    有償版ジョブ管理ツールが導入されていないシステムのジョブのマスタ登録からスケジュールを一括で管理できます。
  • 柔軟なスケジュール
    大規模システム同様にカレンダーを用いた柔軟なジョブのスケジュールが行えます。
  • 複数システムのジョブを分散実行
    分散実行するジョブの実行はもちろん、実行状況を1つの画面で監視できるように成ります。
  • コストゼロで自動化
    A-AUTO 50であれば、イニシャルコスト・ゼロ、ランニングコスト・ゼロで、小規模システムの自動化を行えます。

また、クラウドの制御をお考えのお客様であれば、以下の点もメリットとなります。

  • クラウド制御
    AWS、Azureといったクラウドの制御に既存製品の有償オプションを利用せずA-AUTO 50から制御することができます。(サンプルジョブ提供)

このように、他のジョブスケジューラと同等に小規模システムを自動化出来ます。

 

想定される懸念事項

既存のジョブ管理ツールを利用されているお客様が、A-AUTO 50を利用することに対して気にされる点として、複数のジョブ管理ツールが混在することが挙げられます。

しかしながら、タスクスケジューラであれcronであれ、利用している時点で複数のツールを利用されているという点で大きな違いはないのです。それよりも、運用という視点で見たときに『個々のシステム毎にバラバラにタスクの登録を行っている』『実行の確認も個々に行う必要がある』『人手を介して実行している』このようなことの方がより問題があると言えます。

また、操作性の違いも上げられるかと思います。しかしながら、ソフトウェアが異なれば操作性の違いが生じるのは当然です。それぞれに、良い点・悪い点があるでしょうが、バックアップなどの特定用途でジョブを自動化させるうえでは、それほど大きな問題とはなりません。

 

先ずは1システムから始めてみてはいかがでしょうか?

A-AUTO 50は、サポートなしでご利用いただけるよう、お客様自身が簡単にインストールすることができるようにしていますので、先ずは1システム自動化することから初めてみてはいかがでしょうか。

 
自動化を進める際のポイントは、”段階的に進める”ことです。
何かをやろうとすると『あれも』『これも』と、やることを広げてしまいがちです。
一度にいろいろやろうとすると失敗しがちです。先ずは、もともとA-AUTO 50を利用してみようと考えた目的を確実に果たすことを進めることが重要と考えます。
そのうえで、更なる自動化を進めるといったように順を追って進めるのが成功する秘訣だと言えます。

 

記事掲載:2015年11月4日